【お知らせ】

shadowtimesは、港千尋と勝又公仁彦による、写真を思考するメールマガジンのプロジェクトとして約1年間継続してまいりましたが、メディア環境も変化し、コンテンツも蓄積されてきましたので12月末で一旦休止し、コンテンツの再編集・再検討を行った上で、新たなメディアで再開する予定です。
また、新たな形で写真を思考するメディアやコミュニケーションの場をご提供できればと考えておりますので今後ともよろしくお願い致します。ご購読大変ありがとうございました。

12月5日(木)で定期購読の徴収を解除致しますが、購読会員様には引き続き12月分の配信を行います。また、バックナンバーの閲覧は12月末まで可能となります。

今後の予定は、現購読会員の皆様と、ご関心のある皆様には差し支えなければご連絡させて頂きます。不要の方はお手数ですが下記アドレスまでご連絡下さい。
contact@shadowtimes.net

shadowtimes編集部

LATEST ISSUE
最新号 2013年12月19日 Vol.55

《Days and Lights》Post.27「伊勢のあまちゃん」勝又公仁彦(邦彦)

アメリカから帰り、今度はスペインのバルセロナへと飛んだ。バルセロナはコロンブスが新大陸を発見した後に、スポンサーだったイザベル女王への報告会を行った地である。 世界遺産のアントニ・ガウディの建築群で知られるバルセロナは、ローマ以前から続く古都であり、ピカソ、ダリ、ミロ、ロルカなどを生んだカタルーニャの中心都市だ。ガウディ目的での訪問ではなかったが、来た以上はせっかくなので見学してまわった。 スペインに渡る直前に、バルセロナ在住40年以上、ガウディ研究家として何冊もの著書をお書きのTさんをご紹介頂いていた。Tさんは日本を代表する現代建築家のバルセロナ事務所の所長でもある。そのようなご経歴と肩書きから想像されるよりは、遥かにフランクな方だ。 後で聞いたことだが、Tさんのご意見では、最も著名なサグラダ・ファミリアはガウディの最大の失敗作とのことだった。

続きを読む

FACEBOOK

TWITTER