BACKNUMBERS
バックナンバー:2012年10月11日 配信号 収録

《Days and Lights》 Post.0「Hotel's Window」勝又邦彦

《Days and Lights》 Post.0「Hotel's Window」勝又邦彦

記念すべき初回ではあるが、たまたま9月1日より私が関わる二つの展覧会が開催されているのでご紹介したい。まずは作品を出品するグループ展『Over the reality』について。 会場は清澄白河のギャラリー・テラ・トーキョー。清澄公園近く、小山登美夫ギャラリーやタカイシイギャラリー、シューゴアーツといったギャラリーと同じ丸八倉庫ビルに今年移転してきた。 出品作家は私のほかに、新井卓、Ruud Van Empel、廣瀬遥果のお三方である。初日9月1日土曜日の18時からは私を含む出品作家の一部と東京国立近代美術館の主任研究員増田玲さんなどによるトークイベントが開催された。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.10「暗がりと白と」勝又公仁彦(邦彦)

初めて「美術」に触れのはいつのことだったか皆さんは覚えているだろうか? 美術の定義に依るが、ここは非常に広い枠で進める。現代はデザイン家具なども含めて生まれた時から同時代の美術に触れて育つというお子…

《Days and Lights》Post.3「attraction」勝又邦彦

子供の頃家にはミッキーマウスの縫いぐるみがゴロゴロしていた。ディズニーが好きなわけではない。 鹿とダルメシアンは好きだったけれど、動物のデザインとしてのそれが先でディズニーのバンビや101匹わんちゃ…

《Days and Lights》Post.13「パランプセスト」勝又公仁彦(邦彦)

Vol.20「ミュージアム都市(1)」で港さんが2004年のニューヨーク近代美術館のリニューアルオープンの時のお話をお書きだった。当時私も雑誌の取材でMOMAを訪れていた。 その際に港さんにロックフ…

《shadowtimes》 Post.3 「船が行く」港千尋

あれは長野県新野の「雪まつり」を見に行った道すがらだった。険しい山道を抜け、川沿いの道に入ってしばらくすると、電信柱にある地名の表示に「海」なる字がある。それは長野と愛知の県境、太平洋から遠く離れて海…

《shadowtimes》Post.11「書庫のエコロジー」港千尋

先日書店で本を買ったついでにページを開き、そのまま閉じることのできなくなってしまった―立花隆さんの新刊である。 増え続ける本をどうするかは、多くの人にとって悩みの種だろうが、それに対するひとつの答え…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER