BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年01月24日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.5「Lightning」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.5「Lightning」勝又公仁彦(邦彦)

私の興味の一端に、実力や才能がありながら同時代には理解されなかった人や後世での影響力に比べると生前低い評価しか与えられていなかった人たち、あるいは栄耀栄華を極めながら突如失意の晩年や非業の死に至った人たちに対するものがある。 別にリスト化しているわけではないが、ふとそういった人たちの作品や業績に触れるたびに心の片隅にそれとなく留まっていく。 前回の谷保天満宮の主祭神菅原道真公もご存知のようにそのような不遇をかこった人物の一人である。それ以上に、彼の場合はその不運がなければ、今ほどに世間一般に知られていたとは考えにくい。 今では学問の神として受験生の祈願を一身に受け止める生真面目そうな神様だが、生前は在原業平(ありわらのなりひら)とも親しく交際し、遊女とも交わったとされているので、学究一筋の堅物ではなかったはずである。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.4「車とヤボ」勝又邦彦

本号は新年が明けて初回になります。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 今回は前回の「attraction」で取り上げた遊園地のような祝祭空間の乗り物ではなく、もう少し身近な乗り物の話を。 …

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

今日も雨。こうして毎日つづくのは憂鬱なものだが、しっとりした緑もそれはそれで悪くない。冬の雨に比べれば明るいし、これで水不足が解消されるならむしろ降ってくれたほうが安心だ。ウランバートルでも、草原を潤…

《shadowtimes》Post.7「モクテズマ・デー」港千尋

中国や台湾では春節の休みがつづく今日、世界中でさまざまなプレゼントが贈られる。花束、クッキーそしてなんといってもチョコレートだが、やはり日本における売り上げはダントツらしい。 中南米原産のカカオ豆を…

《Days and Lights》Post.2「sunshine」勝又邦彦

サンプル号でスザンヌ・ムーニー氏の池袋のサンシャイン60ビルから撮影された作品「Tokyo Summit A」をご紹介した。 そのときのテキストにもあるように「サンシャイン」というほとんど固有名詞化…

《shadowtimes》Post.10「ミュージアム都市(1)」港千尋

前回勝又さんがニューヨーク近代美術館について、リニューアルオープン以来と書いていたのを読んで、すこし懐かしくなった。MoMAは新生するにあたって、建築家谷口吉生さんの展覧会を開催したが、わたしはそのた…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER