BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年02月07日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、前回の5号の《shadowreccomendes》でご紹介した佐久間さんには禅僧仙がいの○△□図にインスパイアされた作品シリーズがある。私も大学生の頃にその画を含めた仙がいの書画のポストカードを部屋に貼っていた覚えがある。 その仙がいと並んで江戸期禅画の双璧とされているのが、白隠である。ちょうど現在、東京渋谷の文化村ザ・ミュージアムにて展覧会が行われているようだ。ようだ、というのはまだその展覧会は観にいっていないためだ。 その展覧会は観に行っていないが、近年、白隠のいた松蔭寺(しょういんじ)を何回か訪ねている。 そこでちょうど良い機会でもあるので、白隠について少し書いてみたい。展覧会には行かれていても、白隠がその生涯の多くを過ごした地を訪れた読者はまだそれほどいないだろう。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.15「タクシム広場にて」港千尋

すでに報じられているように、トルコでは現政権にたいする抗議運動が全国に広がっている。特に発端となった首都イスタンブールではすでに2週間以上、デモや集会が続いていて、そこに偶然居合わせることになったわた…

《Days and Lights》Post.12「みえないものをみる装置」勝又公仁彦(邦彦)

Post5で雷を取り上げた際に、雷と電気との関わりについてはほんの少ししか触れられなかった。雷は放電現象なのだから、それが話の中心になるのが本来の姿かもしれない。 逆に電気といえばPost8でニコラ…

《shadowtimes》Post.9「バルの春」港千尋

国によって違いはあれど、春の訪れは誰にとっても待ち遠しいものだ。北の大地はまだまだ深い雪のなかにあるが、南では枝先に緑が芽をふきだした。路上に人の姿が戻ってくる。そんな季節にスペインを訪れている。 …

《shadowtimes》 Post.3 「船が行く」港千尋

あれは長野県新野の「雪まつり」を見に行った道すがらだった。険しい山道を抜け、川沿いの道に入ってしばらくすると、電信柱にある地名の表示に「海」なる字がある。それは長野と愛知の県境、太平洋から遠く離れて海…

《Days and Lights》Post.11「闇と諸相と」勝又公仁彦(邦彦)

リクエストがあったこともあり、度々自分の作品について記していこうと思う。もちろん自分で自分の作品を言葉にするのは無理もある。全てを把握し理解しているわけでもない。言葉で言い尽くせれば視覚による作品を創…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER