BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年02月21日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.7「落ちる水 昇る火」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.7「落ちる水 昇る火」勝又公仁彦(邦彦)

年末年始に北米に行ってきた。最初の目的地は冬のナイアガラだ。 ナイアガラといえば、滝である。滝というと人里離れた深山幽谷を思い描くのが道理だろう。通う人もない山道を分け入って行くと、水音が遠く聞こえてくる。さらにしばらく歩くと水音はだんだん高くなる。空気は湿気を増してひんやりとしてくる。崖を下ったり、森に分け入ったりして、次第に水音は轟々とし、やっとその姿が拝めるもの、と思っているかもしれない。 しかし、ことナイアガラに関しては完全なる開けた観光地である。観光地なので、行かれた方も多いとは思うが、一応説明すると、周りにはホテルやカジノが建ち並び、ショッピングモールは全世界からの観光客で溢れている。 カナダとアメリカの国境に位置しているのだが、特にビューポイントの多いカナダ側の開発のされ方は顕著だ。流石に砂漠の真ん中に人工の歓楽街を作り上げた大陸。情緒も何もなくてむしろ清々しいくらいである。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、…

《Days and Lights》Post.9「MORITAを巡る旅」勝又公仁彦(邦彦)

卒業の季節である。今年は桜の開花が早いようで、地域によっては花咲く中の卒業となる方もいるだろう。 このメールマガジンの読者に学生の方はほとんどいないかもしれない。まだ卒業から日の浅い方は近い思い出と…

《shadowtimes》Post.13「鎧戸から洩れ入る光」港千尋

うら寒い黄金週間をあけたと思ったら、いっきに陽射しが強くなり今日など真夏の気温である。窓を開けるとどこかで風にそよぐ木々の音が気持ちいい。ブラインドをすこし降ろして、読みかけた文庫本を開く。 上下に…

《shadowtimes》Post.18「空港の日々」港千尋

アメリカ政府が世界中で広範に個人情報を収集していたことを暴露したエドワード・スノーデン氏がモスクワ空港に到着して、ひと月が過ぎた。ロシアへの亡命を希望する彼に対して、オバマ大統領は米国への強制送還を求…

《Days and Lights》Post.11「闇と諸相と」勝又公仁彦(邦彦)

リクエストがあったこともあり、度々自分の作品について記していこうと思う。もちろん自分で自分の作品を言葉にするのは無理もある。全てを把握し理解しているわけでもない。言葉で言い尽くせれば視覚による作品を創…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER