BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年02月21日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.7「落ちる水 昇る火」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.7「落ちる水 昇る火」勝又公仁彦(邦彦)

年末年始に北米に行ってきた。最初の目的地は冬のナイアガラだ。 ナイアガラといえば、滝である。滝というと人里離れた深山幽谷を思い描くのが道理だろう。通う人もない山道を分け入って行くと、水音が遠く聞こえてくる。さらにしばらく歩くと水音はだんだん高くなる。空気は湿気を増してひんやりとしてくる。崖を下ったり、森に分け入ったりして、次第に水音は轟々とし、やっとその姿が拝めるもの、と思っているかもしれない。 しかし、ことナイアガラに関しては完全なる開けた観光地である。観光地なので、行かれた方も多いとは思うが、一応説明すると、周りにはホテルやカジノが建ち並び、ショッピングモールは全世界からの観光客で溢れている。 カナダとアメリカの国境に位置しているのだが、特にビューポイントの多いカナダ側の開発のされ方は顕著だ。流石に砂漠の真ん中に人工の歓楽街を作り上げた大陸。情緒も何もなくてむしろ清々しいくらいである。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.15「タクシム広場にて」港千尋

すでに報じられているように、トルコでは現政権にたいする抗議運動が全国に広がっている。特に発端となった首都イスタンブールではすでに2週間以上、デモや集会が続いていて、そこに偶然居合わせることになったわた…

《Days and Lights》Post.3「attraction」勝又邦彦

子供の頃家にはミッキーマウスの縫いぐるみがゴロゴロしていた。ディズニーが好きなわけではない。 鹿とダルメシアンは好きだったけれど、動物のデザインとしてのそれが先でディズニーのバンビや101匹わんちゃ…

《Days and Lights》 Post.0「Hotel's Window」勝又邦彦

記念すべき初回ではあるが、たまたま9月1日より私が関わる二つの展覧会が開催されているのでご紹介したい。まずは作品を出品するグループ展『Over the reality』について。 会場は清澄白河…

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、…

《Days and Lights》Post.14「移動するカミたち」

うつそみの人はさびしも。すさのをぞ 怒りつつ 國は成しけるものを 諏訪びとは、建御名方の後といへど、心穏(おだ)ひの あしくもあらず(『海やまのあひだ』釋迢空)/霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍(すめ…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER