BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年02月28日 配信号 収録

《shadowtimes》Post.8「階層性(レイヤー)の発見」港千尋

《shadowtimes》Post.8「階層性(レイヤー)の発見」港千尋

ロシアの隕石落下のニュースには驚いた。まさに「青天の霹靂」を描いたかのような、あの動画を繰り返し見て、何事も起きそうにない晴れた日に、霹靂が落ちることに言葉を失った。 あのニュースが届く直前に、「この世の終わり」をテーマにしたビデオクリップを見ていたせいもある。空の一部がピカリと光、それが「終わり」を暗示するのだが、その光り方がそっくりだったのだ。 かの隕石画像も、だから、特殊効果を重ね合わせたように見えてしまう。これは一枚の画像なのだろうか。 写真をコンピュータで処理するようになって一般化した言葉がいくつかある。レイヤーもそのひとつで、デジタル化以前にはあまり聞く機会はなかった。 画像をレイヤーに分けて処理することが前提となり、一枚のイメージのなかにいくつもの「階層」があるという考え方が一般化した。誰も疑問をもたずにそうしているが、レイヤー概念が一般化する際に、「一枚のイメージ」はほんとうに一枚なのか、という問いがあってもよかったかもしれない。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.2「sunshine」勝又邦彦

サンプル号でスザンヌ・ムーニー氏の池袋のサンシャイン60ビルから撮影された作品「Tokyo Summit A」をご紹介した。 そのときのテキストにもあるように「サンシャイン」というほとんど固有名詞化…

《shadowtimes》Post.18「空港の日々」港千尋

アメリカ政府が世界中で広範に個人情報を収集していたことを暴露したエドワード・スノーデン氏がモスクワ空港に到着して、ひと月が過ぎた。ロシアへの亡命を希望する彼に対して、オバマ大統領は米国への強制送還を求…

《shadowtimes》Post.10「ミュージアム都市(1)」港千尋

前回勝又さんがニューヨーク近代美術館について、リニューアルオープン以来と書いていたのを読んで、すこし懐かしくなった。MoMAは新生するにあたって、建築家谷口吉生さんの展覧会を開催したが、わたしはそのた…

《Days and Lights》Post.5「Lightning」勝又公仁彦(邦彦)

私の興味の一端に、実力や才能がありながら同時代には理解されなかった人や後世での影響力に比べると生前低い評価しか与えられていなかった人たち、あるいは栄耀栄華を極めながら突如失意の晩年や非業の死に至った人…

《Days and Lights》Post.4「車とヤボ」勝又邦彦

本号は新年が明けて初回になります。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 今回は前回の「attraction」で取り上げた遊園地のような祝祭空間の乗り物ではなく、もう少し身近な乗り物の話を。 …

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER