BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年03月07日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.8「テスラの河」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.8「テスラの河」勝又公仁彦(邦彦)

この年末年始、北米に行ってきたことはお知らせしたばかり。 ニューヨークJFK空港から乗り継いで、バッファロー空港で降り、ナイアガラへ向かった。 バッファローからナイアガラへのタクシーの中、私は窓外の光景の二つに目がいった。一つは各家の屋根に必ず四角い煙突が見えること。もう一つは、かなりの数の送電線が縦横に延びていることである。 特にバッファローから我々が向かっている方向への送電線はいつまで経っても途切れることなく続いていた。途中で陽が落ちてしまいその到達点がどこなのかは追うことが出来なかったけれども。 送電線は言うまでもなく電気を送るためのものだ。私は子供の頃から高圧線や電線を観察や鑑賞の対象にしていたので、国による送電線や鉄塔の違いには敏感なほうかもしれない。 最初に意識的に長時間露光をしたのも天体写真を除くと、旅先で見た夜の鉄塔と送電線だった。しかしそれがどこから来て、どこへ向かっているのかについては突き止めることなく過ごしてきた。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.10「ミュージアム都市(1)」港千尋

前回勝又さんがニューヨーク近代美術館について、リニューアルオープン以来と書いていたのを読んで、すこし懐かしくなった。MoMAは新生するにあたって、建築家谷口吉生さんの展覧会を開催したが、わたしはそのた…

《Days and Lights》Post.10「暗がりと白と」勝又公仁彦(邦彦)

初めて「美術」に触れのはいつのことだったか皆さんは覚えているだろうか? 美術の定義に依るが、ここは非常に広い枠で進める。現代はデザイン家具なども含めて生まれた時から同時代の美術に触れて育つというお子…

《Days and Lights》Post.9「MORITAを巡る旅」勝又公仁彦(邦彦)

卒業の季節である。今年は桜の開花が早いようで、地域によっては花咲く中の卒業となる方もいるだろう。 このメールマガジンの読者に学生の方はほとんどいないかもしれない。まだ卒業から日の浅い方は近い思い出と…

《shadowtimes》Post.11「書庫のエコロジー」港千尋

先日書店で本を買ったついでにページを開き、そのまま閉じることのできなくなってしまった―立花隆さんの新刊である。 増え続ける本をどうするかは、多くの人にとって悩みの種だろうが、それに対するひとつの答え…

《Days and Lights》Post.14「移動するカミたち」

うつそみの人はさびしも。すさのをぞ 怒りつつ 國は成しけるものを 諏訪びとは、建御名方の後といへど、心穏(おだ)ひの あしくもあらず(『海やまのあひだ』釋迢空)/霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍(すめ…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER