BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年03月21日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.9「MORITAを巡る旅」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.9「MORITAを巡る旅」勝又公仁彦(邦彦)

卒業の季節である。今年は桜の開花が早いようで、地域によっては花咲く中の卒業となる方もいるだろう。 このメールマガジンの読者に学生の方はほとんどいないかもしれない。まだ卒業から日の浅い方は近い思い出として、今は親や祖父母となり、あるいはその世代の方々には昔日(せきじつ)を振り返りつつ読み進めて頂きたい。 毎年のことだが、学生の大学生活が後半に差し掛かってくると就職や進路についての相談を受けることが増えてくる。私自身がまともな就職をしていないので、反面教師としての答えしか出来ないのが申し訳ないところだ。 高い学費を出してもらったのだからとか、親を安心させるため、あるいは親が就職就職とうるさいから、といった理由で就職を考える学生が少なからずいる。 その理由はもっともだし、私も同じような理由で大学卒業後にとりあえず働きだしたが、出来れば就職などせず美大で学びたいと思っていた。それが出来なかったことが今でも心残りだ。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.4「車とヤボ」勝又邦彦

本号は新年が明けて初回になります。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 今回は前回の「attraction」で取り上げた遊園地のような祝祭空間の乗り物ではなく、もう少し身近な乗り物の話を。 …

《shadowtimes》Post.8「階層性(レイヤー)の発見」港千尋

ロシアの隕石落下のニュースには驚いた。まさに「青天の霹靂」を描いたかのような、あの動画を繰り返し見て、何事も起きそうにない晴れた日に、霹靂が落ちることに言葉を失った。 あのニュースが届く直前に、「こ…

《shadowtimes》 Post.3 「船が行く」港千尋

あれは長野県新野の「雪まつり」を見に行った道すがらだった。険しい山道を抜け、川沿いの道に入ってしばらくすると、電信柱にある地名の表示に「海」なる字がある。それは長野と愛知の県境、太平洋から遠く離れて海…

《Days and Lights》Post.14「移動するカミたち」

うつそみの人はさびしも。すさのをぞ 怒りつつ 國は成しけるものを 諏訪びとは、建御名方の後といへど、心穏(おだ)ひの あしくもあらず(『海やまのあひだ』釋迢空)/霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍(すめ…

《Days and Lights》Post.2「sunshine」勝又邦彦

サンプル号でスザンヌ・ムーニー氏の池袋のサンシャイン60ビルから撮影された作品「Tokyo Summit A」をご紹介した。 そのときのテキストにもあるように「サンシャイン」というほとんど固有名詞化…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER