BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年03月21日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.9「MORITAを巡る旅」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.9「MORITAを巡る旅」勝又公仁彦(邦彦)

卒業の季節である。今年は桜の開花が早いようで、地域によっては花咲く中の卒業となる方もいるだろう。 このメールマガジンの読者に学生の方はほとんどいないかもしれない。まだ卒業から日の浅い方は近い思い出として、今は親や祖父母となり、あるいはその世代の方々には昔日(せきじつ)を振り返りつつ読み進めて頂きたい。 毎年のことだが、学生の大学生活が後半に差し掛かってくると就職や進路についての相談を受けることが増えてくる。私自身がまともな就職をしていないので、反面教師としての答えしか出来ないのが申し訳ないところだ。 高い学費を出してもらったのだからとか、親を安心させるため、あるいは親が就職就職とうるさいから、といった理由で就職を考える学生が少なからずいる。 その理由はもっともだし、私も同じような理由で大学卒業後にとりあえず働きだしたが、出来れば就職などせず美大で学びたいと思っていた。それが出来なかったことが今でも心残りだ。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.13「鎧戸から洩れ入る光」港千尋

うら寒い黄金週間をあけたと思ったら、いっきに陽射しが強くなり今日など真夏の気温である。窓を開けるとどこかで風にそよぐ木々の音が気持ちいい。ブラインドをすこし降ろして、読みかけた文庫本を開く。 上下に…

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、…

《Days and Lights》Post.8「テスラの河」勝又公仁彦(邦彦)

この年末年始、北米に行ってきたことはお知らせしたばかり。 ニューヨークJFK空港から乗り継いで、バッファロー空港で降り、ナイアガラへ向かった。 バッファローからナイアガラへのタクシーの中、私は窓…

《Days and Lights》Post.5「Lightning」勝又公仁彦(邦彦)

私の興味の一端に、実力や才能がありながら同時代には理解されなかった人や後世での影響力に比べると生前低い評価しか与えられていなかった人たち、あるいは栄耀栄華を極めながら突如失意の晩年や非業の死に至った人…

《Days and Lights》Post.2「sunshine」勝又邦彦

サンプル号でスザンヌ・ムーニー氏の池袋のサンシャイン60ビルから撮影された作品「Tokyo Summit A」をご紹介した。 そのときのテキストにもあるように「サンシャイン」というほとんど固有名詞化…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER