BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年04月04日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.10「暗がりと白と」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.10「暗がりと白と」勝又公仁彦(邦彦)

初めて「美術」に触れのはいつのことだったか皆さんは覚えているだろうか? 美術の定義に依るが、ここは非常に広い枠で進める。現代はデザイン家具なども含めて生まれた時から同時代の美術に触れて育つというお子さんも多いかもしれない。 私の場合はほとんど置物レベルの小さな彫刻が幾つかと床の間などに飾られた掛け軸や扁額などの書画といった家にあるものが目に入ってはいた。それらは全て日本のもので、美術品というより家具の一部のような感覚だった。 複製では切手の印象が強い。最近の切手にはマンガも含めて様々なものがあるが、子供の頃では日本の国宝シリーズや、近代でも棟方志功や東郷青児止まりで、日本郵便が扱うのはやはり日本の美術品がメインであった。 小中高等学校で美術史を教えてもらった覚えもないし、近くになかったせいか美術館に連れていかれた覚えもない。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.18「空港の日々」港千尋

アメリカ政府が世界中で広範に個人情報を収集していたことを暴露したエドワード・スノーデン氏がモスクワ空港に到着して、ひと月が過ぎた。ロシアへの亡命を希望する彼に対して、オバマ大統領は米国への強制送還を求…

《Days and Lights》Post.8「テスラの河」勝又公仁彦(邦彦)

この年末年始、北米に行ってきたことはお知らせしたばかり。 ニューヨークJFK空港から乗り継いで、バッファロー空港で降り、ナイアガラへ向かった。 バッファローからナイアガラへのタクシーの中、私は窓…

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、…

《Days and Lights》Post.15「陶酔を超えて歌え」勝又公仁彦(邦彦)

私は演劇や身体表現についてはズブの素人だ。今年に入って観た公演も、一月のニューヨーク・メトロポリタン・オペラ、彩の国さいたま芸術劇場でのアクラム・カーン、二月の神奈川芸術劇場でのナデガタ・インスタント…

《shadowtimes》Post.14「雨の日の王」港千尋

初めての土地では、最低三日間あるといいという。身体が馴染むのに、それくらいかかるからだろう。先週モンゴルに着いて、あっという間にもう帰りとなってしまったが、初めての空気と水が浸み込むのには、ちょうどい…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER