BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年04月11日 配信号 収録

《shadowtimes》Post.11「書庫のエコロジー」港千尋

《shadowtimes》Post.11「書庫のエコロジー」港千尋

先日書店で本を買ったついでにページを開き、そのまま閉じることのできなくなってしまった―立花隆さんの新刊である。 増え続ける本をどうするかは、多くの人にとって悩みの種だろうが、それに対するひとつの答えというか、少なくとも瞠目すべき態度を見せているのが、この本なのだと思う。 ひとことで言えば、増えれば増えるほど、本のための空間も増やせばいいのである。その結果特定の場所に書庫があるのではなく、あらゆる場所に本が置かれることによって、ついに建築そのものが巨大な書庫となるに至る。 そのような建築は、ふつう「図書館」と呼ばれるが、写真を見れば一目瞭然で、それは図書館とは似ても似つかぬ空間だ。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.12「みえないものをみる装置」勝又公仁彦(邦彦)

Post5で雷を取り上げた際に、雷と電気との関わりについてはほんの少ししか触れられなかった。雷は放電現象なのだから、それが話の中心になるのが本来の姿かもしれない。 逆に電気といえばPost8でニコラ…

《Days and Lights》Post.13「パランプセスト」勝又公仁彦(邦彦)

Vol.20「ミュージアム都市(1)」で港さんが2004年のニューヨーク近代美術館のリニューアルオープンの時のお話をお書きだった。当時私も雑誌の取材でMOMAを訪れていた。 その際に港さんにロックフ…

《Days and Lights》Post.7「落ちる水 昇る火」勝又公仁彦(邦彦)

年末年始に北米に行ってきた。最初の目的地は冬のナイアガラだ。 ナイアガラといえば、滝である。滝というと人里離れた深山幽谷を思い描くのが道理だろう。通う人もない山道を分け入って行くと、水音が遠く聞こえ…

《shadowtimes》Post.10「ミュージアム都市(1)」港千尋

前回勝又さんがニューヨーク近代美術館について、リニューアルオープン以来と書いていたのを読んで、すこし懐かしくなった。MoMAは新生するにあたって、建築家谷口吉生さんの展覧会を開催したが、わたしはそのた…

《Days and Lights》Post.5「Lightning」勝又公仁彦(邦彦)

私の興味の一端に、実力や才能がありながら同時代には理解されなかった人や後世での影響力に比べると生前低い評価しか与えられていなかった人たち、あるいは栄耀栄華を極めながら突如失意の晩年や非業の死に至った人…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER