BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年04月18日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.11「闇と諸相と」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.11「闇と諸相と」勝又公仁彦(邦彦)

リクエストがあったこともあり、度々自分の作品について記していこうと思う。もちろん自分で自分の作品を言葉にするのは無理もある。全てを把握し理解しているわけでもない。言葉で言い尽くせれば視覚による作品を創る必要もないだろう。 また、作品についての考えは制作の進行に伴い変化することも多く、その考えに従って新たに再編されることもある。 したがって、ひとまずは各シリーズの制作のきっかけや意図などを、開始当初の資料やメモなどを併用しながらご紹介したいと思う。 このような場合、開始された順番で紹介するのが作家の展開を理解するには親切なのではあろう。基本的には相互の関連や派生関係のわかりやすい形で紹介したい。 しかし時系列での始まりは古く、制作はその後も継続していたとしても、いまだ胚芽の状態のままクラゲの漂うが如く確固とした形をなしていないシリーズもあり、そういうものには軽く触れるのみか飛ばしていくこともあるかと思う。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》 Post.1「沈黙のレッスン」 勝又邦彦

前回の港さんの「ひと夏のレッスン」を承けて、少し思ったことを。 その前に、このメルマガは今回のように前回の記事に関連して連歌のように続くこともあれば、全く関係ない話題が出てくることもある、ということ…

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、…

《shadowtimes》Post.18「空港の日々」港千尋

アメリカ政府が世界中で広範に個人情報を収集していたことを暴露したエドワード・スノーデン氏がモスクワ空港に到着して、ひと月が過ぎた。ロシアへの亡命を希望する彼に対して、オバマ大統領は米国への強制送還を求…

《Days and Lights》Post.15「陶酔を超えて歌え」勝又公仁彦(邦彦)

私は演劇や身体表現についてはズブの素人だ。今年に入って観た公演も、一月のニューヨーク・メトロポリタン・オペラ、彩の国さいたま芸術劇場でのアクラム・カーン、二月の神奈川芸術劇場でのナデガタ・インスタント…

《Days and Lights》Post.5「Lightning」勝又公仁彦(邦彦)

私の興味の一端に、実力や才能がありながら同時代には理解されなかった人や後世での影響力に比べると生前低い評価しか与えられていなかった人たち、あるいは栄耀栄華を極めながら突如失意の晩年や非業の死に至った人…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER