BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年04月18日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.11「闇と諸相と」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.11「闇と諸相と」勝又公仁彦(邦彦)

リクエストがあったこともあり、度々自分の作品について記していこうと思う。もちろん自分で自分の作品を言葉にするのは無理もある。全てを把握し理解しているわけでもない。言葉で言い尽くせれば視覚による作品を創る必要もないだろう。 また、作品についての考えは制作の進行に伴い変化することも多く、その考えに従って新たに再編されることもある。 したがって、ひとまずは各シリーズの制作のきっかけや意図などを、開始当初の資料やメモなどを併用しながらご紹介したいと思う。 このような場合、開始された順番で紹介するのが作家の展開を理解するには親切なのではあろう。基本的には相互の関連や派生関係のわかりやすい形で紹介したい。 しかし時系列での始まりは古く、制作はその後も継続していたとしても、いまだ胚芽の状態のままクラゲの漂うが如く確固とした形をなしていないシリーズもあり、そういうものには軽く触れるのみか飛ばしていくこともあるかと思う。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.2「sunshine」勝又邦彦

サンプル号でスザンヌ・ムーニー氏の池袋のサンシャイン60ビルから撮影された作品「Tokyo Summit A」をご紹介した。 そのときのテキストにもあるように「サンシャイン」というほとんど固有名詞化…

《Days and Lights》Post.3「attraction」勝又邦彦

子供の頃家にはミッキーマウスの縫いぐるみがゴロゴロしていた。ディズニーが好きなわけではない。 鹿とダルメシアンは好きだったけれど、動物のデザインとしてのそれが先でディズニーのバンビや101匹わんちゃ…

《Days and Lights》 Post.1「沈黙のレッスン」 勝又邦彦

前回の港さんの「ひと夏のレッスン」を承けて、少し思ったことを。 その前に、このメルマガは今回のように前回の記事に関連して連歌のように続くこともあれば、全く関係ない話題が出てくることもある、ということ…

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

今日も雨。こうして毎日つづくのは憂鬱なものだが、しっとりした緑もそれはそれで悪くない。冬の雨に比べれば明るいし、これで水不足が解消されるならむしろ降ってくれたほうが安心だ。ウランバートルでも、草原を潤…

《shadowtimes》Post.11「書庫のエコロジー」港千尋

先日書店で本を買ったついでにページを開き、そのまま閉じることのできなくなってしまった―立花隆さんの新刊である。 増え続ける本をどうするかは、多くの人にとって悩みの種だろうが、それに対するひとつの答え…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER