BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年04月18日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.11「闇と諸相と」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.11「闇と諸相と」勝又公仁彦(邦彦)

リクエストがあったこともあり、度々自分の作品について記していこうと思う。もちろん自分で自分の作品を言葉にするのは無理もある。全てを把握し理解しているわけでもない。言葉で言い尽くせれば視覚による作品を創る必要もないだろう。 また、作品についての考えは制作の進行に伴い変化することも多く、その考えに従って新たに再編されることもある。 したがって、ひとまずは各シリーズの制作のきっかけや意図などを、開始当初の資料やメモなどを併用しながらご紹介したいと思う。 このような場合、開始された順番で紹介するのが作家の展開を理解するには親切なのではあろう。基本的には相互の関連や派生関係のわかりやすい形で紹介したい。 しかし時系列での始まりは古く、制作はその後も継続していたとしても、いまだ胚芽の状態のままクラゲの漂うが如く確固とした形をなしていないシリーズもあり、そういうものには軽く触れるのみか飛ばしていくこともあるかと思う。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.8「テスラの河」勝又公仁彦(邦彦)

この年末年始、北米に行ってきたことはお知らせしたばかり。 ニューヨークJFK空港から乗り継いで、バッファロー空港で降り、ナイアガラへ向かった。 バッファローからナイアガラへのタクシーの中、私は窓…

《Days and Lights》Post.7「落ちる水 昇る火」勝又公仁彦(邦彦)

年末年始に北米に行ってきた。最初の目的地は冬のナイアガラだ。 ナイアガラといえば、滝である。滝というと人里離れた深山幽谷を思い描くのが道理だろう。通う人もない山道を分け入って行くと、水音が遠く聞こえ…

《shadowtimes》Post.7「モクテズマ・デー」港千尋

中国や台湾では春節の休みがつづく今日、世界中でさまざまなプレゼントが贈られる。花束、クッキーそしてなんといってもチョコレートだが、やはり日本における売り上げはダントツらしい。 中南米原産のカカオ豆を…

《shadowtimes》Post.14「雨の日の王」港千尋

初めての土地では、最低三日間あるといいという。身体が馴染むのに、それくらいかかるからだろう。先週モンゴルに着いて、あっという間にもう帰りとなってしまったが、初めての空気と水が浸み込むのには、ちょうどい…

《shadowtimes》Post.13「鎧戸から洩れ入る光」港千尋

うら寒い黄金週間をあけたと思ったら、いっきに陽射しが強くなり今日など真夏の気温である。窓を開けるとどこかで風にそよぐ木々の音が気持ちいい。ブラインドをすこし降ろして、読みかけた文庫本を開く。 上下に…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER