BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年05月08日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.12「みえないものをみる装置」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.12「みえないものをみる装置」勝又公仁彦(邦彦)

Post5で雷を取り上げた際に、雷と電気との関わりについてはほんの少ししか触れられなかった。雷は放電現象なのだから、それが話の中心になるのが本来の姿かもしれない。 逆に電気といえばPost8でニコラ・テスラを採り上げた。そもそも私がテスラに関心をもったきっかけは彼のラボラトリーでの大規模な放電実験の写真を目にしてのことだった。 放電現象は稲妻の様にしか見えないが、これは電気が空気中を移動する仕方が同じためである。 電気の存在は古代ギリシャから知られ、エレクトロンと呼ばれていた。エレクトロンとは琥珀のことだ。羽毛などで琥珀を擦ると発生する静電気の現象からそう呼ばれた。電子の発見以後は電子を指す言葉として知られている。 電子を発見したのはイギリスのJ・J・トムソンで1897年のこと。彼自身は電子と呼ばず、"corpuscles"(微分子)と名付けたが、1894年に同じイギリスの物理学者ストーニーが使っていた「電子」が定着した。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.3「attraction」勝又邦彦

子供の頃家にはミッキーマウスの縫いぐるみがゴロゴロしていた。ディズニーが好きなわけではない。 鹿とダルメシアンは好きだったけれど、動物のデザインとしてのそれが先でディズニーのバンビや101匹わんちゃ…

《Days and Lights》Post.11「闇と諸相と」勝又公仁彦(邦彦)

リクエストがあったこともあり、度々自分の作品について記していこうと思う。もちろん自分で自分の作品を言葉にするのは無理もある。全てを把握し理解しているわけでもない。言葉で言い尽くせれば視覚による作品を創…

《shadowtimes》Post.7「モクテズマ・デー」港千尋

中国や台湾では春節の休みがつづく今日、世界中でさまざまなプレゼントが贈られる。花束、クッキーそしてなんといってもチョコレートだが、やはり日本における売り上げはダントツらしい。 中南米原産のカカオ豆を…

《shadowtimes》Post.8「階層性(レイヤー)の発見」港千尋

ロシアの隕石落下のニュースには驚いた。まさに「青天の霹靂」を描いたかのような、あの動画を繰り返し見て、何事も起きそうにない晴れた日に、霹靂が落ちることに言葉を失った。 あのニュースが届く直前に、「こ…

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

今日も雨。こうして毎日つづくのは憂鬱なものだが、しっとりした緑もそれはそれで悪くない。冬の雨に比べれば明るいし、これで水不足が解消されるならむしろ降ってくれたほうが安心だ。ウランバートルでも、草原を潤…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER