BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年05月16日 配信号 収録

《shadowtimes》Post.13「鎧戸から洩れ入る光」港千尋

《shadowtimes》Post.13「鎧戸から洩れ入る光」港千尋

うら寒い黄金週間をあけたと思ったら、いっきに陽射しが強くなり今日など真夏の気温である。窓を開けるとどこかで風にそよぐ木々の音が気持ちいい。ブラインドをすこし降ろして、読みかけた文庫本を開く。 上下に分かれた二巻の上巻は表紙がシダの生い茂る森の写真。ちょうど今時分の雑木林の光景だろう。下巻は同じような森の冬景色。ヘンリー・デイヴィッド・ソローの代表作『森の生活』、岩波文庫で1995年に出た飯田実訳である。 この新版を取り出したのは、先日G/P Galleryで開かれたイベントで、少しこの本について言及したからだ。 イベントは開催中の天野裕子の個展『UNKNOWN RENOUN』展に際して作家の天野さん、ギャラリーの後藤繁雄さんとのトークだったが、そこで展示されている写真を中心に自然や人間の心について話しているうちに、ふとこの本の書名が口をついて出たのだった。 天野さんの写真のなかには利根川流域の池や木立やそこに集まる鳥たちの風景がある。それを見ながら、なぜかソローを思い出したのだった。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.12「ゲームの王」港千尋

コンピュータと人間が勝負するのは、これが初めてではない。だがこの4月20日に行われた第2回電王戦は、いろいろな意味で記憶として残るゲームになった。 将棋ソフトとプロ棋士5人が対戦した団体戦の結果は、…

《shadowtimes》Post.8「階層性(レイヤー)の発見」港千尋

ロシアの隕石落下のニュースには驚いた。まさに「青天の霹靂」を描いたかのような、あの動画を繰り返し見て、何事も起きそうにない晴れた日に、霹靂が落ちることに言葉を失った。 あのニュースが届く直前に、「こ…

《shadowtimes》 Post.3 「船が行く」港千尋

あれは長野県新野の「雪まつり」を見に行った道すがらだった。険しい山道を抜け、川沿いの道に入ってしばらくすると、電信柱にある地名の表示に「海」なる字がある。それは長野と愛知の県境、太平洋から遠く離れて海…

《Days and Lights》Post.5「Lightning」勝又公仁彦(邦彦)

私の興味の一端に、実力や才能がありながら同時代には理解されなかった人や後世での影響力に比べると生前低い評価しか与えられていなかった人たち、あるいは栄耀栄華を極めながら突如失意の晩年や非業の死に至った人…

《shadowtimes》Post.9「バルの春」港千尋

国によって違いはあれど、春の訪れは誰にとっても待ち遠しいものだ。北の大地はまだまだ深い雪のなかにあるが、南では枝先に緑が芽をふきだした。路上に人の姿が戻ってくる。そんな季節にスペインを訪れている。 …

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER