BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年05月23日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.13「パランプセスト」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.13「パランプセスト」勝又公仁彦(邦彦)

Vol.20「ミュージアム都市(1)」で港さんが2004年のニューヨーク近代美術館のリニューアルオープンの時のお話をお書きだった。当時私も雑誌の取材でMOMAを訪れていた。 その際に港さんにロックフェラーセンターの下のスケートリンクが見えるオイスターバーにお連れ頂いたのが良い想い出として記憶に残っている。 都市の中心に作られた仮設のリンクでスケートを楽しむ人々を眺めながらの食事は、(良く言えば)成熟した社会の陽の面を幸福な形で見せてくれたものとして印象深かった。 今年の初めもその感覚を味わいたく再訪を機していたが、現地に駐在する親族の綿密な計画で別の楽しみを頂くことになり、次回への持ち越しとなった。 もっとも、宿泊したホテルのレストランに面した外側にもスケートリンクがあり、楽しむ人々が眺められた。 帰国後、横浜などに仮設のリンクがあるのを見た(そして私も滑った)ので、今後はそのような光景が日本でも一般化するのかもしれない。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.7「落ちる水 昇る火」勝又公仁彦(邦彦)

年末年始に北米に行ってきた。最初の目的地は冬のナイアガラだ。 ナイアガラといえば、滝である。滝というと人里離れた深山幽谷を思い描くのが道理だろう。通う人もない山道を分け入って行くと、水音が遠く聞こえ…

《Days and Lights》Post.4「車とヤボ」勝又邦彦

本号は新年が明けて初回になります。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 今回は前回の「attraction」で取り上げた遊園地のような祝祭空間の乗り物ではなく、もう少し身近な乗り物の話を。 …

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、…

《shadowtimes》Post.14「雨の日の王」港千尋

初めての土地では、最低三日間あるといいという。身体が馴染むのに、それくらいかかるからだろう。先週モンゴルに着いて、あっという間にもう帰りとなってしまったが、初めての空気と水が浸み込むのには、ちょうどい…

《shadowtimes》Post.12「ゲームの王」港千尋

コンピュータと人間が勝負するのは、これが初めてではない。だがこの4月20日に行われた第2回電王戦は、いろいろな意味で記憶として残るゲームになった。 将棋ソフトとプロ棋士5人が対戦した団体戦の結果は、…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER