BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年05月23日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.13「パランプセスト」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.13「パランプセスト」勝又公仁彦(邦彦)

Vol.20「ミュージアム都市(1)」で港さんが2004年のニューヨーク近代美術館のリニューアルオープンの時のお話をお書きだった。当時私も雑誌の取材でMOMAを訪れていた。 その際に港さんにロックフェラーセンターの下のスケートリンクが見えるオイスターバーにお連れ頂いたのが良い想い出として記憶に残っている。 都市の中心に作られた仮設のリンクでスケートを楽しむ人々を眺めながらの食事は、(良く言えば)成熟した社会の陽の面を幸福な形で見せてくれたものとして印象深かった。 今年の初めもその感覚を味わいたく再訪を機していたが、現地に駐在する親族の綿密な計画で別の楽しみを頂くことになり、次回への持ち越しとなった。 もっとも、宿泊したホテルのレストランに面した外側にもスケートリンクがあり、楽しむ人々が眺められた。 帰国後、横浜などに仮設のリンクがあるのを見た(そして私も滑った)ので、今後はそのような光景が日本でも一般化するのかもしれない。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.15「陶酔を超えて歌え」勝又公仁彦(邦彦)

私は演劇や身体表現についてはズブの素人だ。今年に入って観た公演も、一月のニューヨーク・メトロポリタン・オペラ、彩の国さいたま芸術劇場でのアクラム・カーン、二月の神奈川芸術劇場でのナデガタ・インスタント…

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、…

《shadowtimes》Post.9「バルの春」港千尋

国によって違いはあれど、春の訪れは誰にとっても待ち遠しいものだ。北の大地はまだまだ深い雪のなかにあるが、南では枝先に緑が芽をふきだした。路上に人の姿が戻ってくる。そんな季節にスペインを訪れている。 …

《shadowtimes》Post.7「モクテズマ・デー」港千尋

中国や台湾では春節の休みがつづく今日、世界中でさまざまなプレゼントが贈られる。花束、クッキーそしてなんといってもチョコレートだが、やはり日本における売り上げはダントツらしい。 中南米原産のカカオ豆を…

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

今日も雨。こうして毎日つづくのは憂鬱なものだが、しっとりした緑もそれはそれで悪くない。冬の雨に比べれば明るいし、これで水不足が解消されるならむしろ降ってくれたほうが安心だ。ウランバートルでも、草原を潤…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER