BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年05月23日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.13「パランプセスト」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.13「パランプセスト」勝又公仁彦(邦彦)

Vol.20「ミュージアム都市(1)」で港さんが2004年のニューヨーク近代美術館のリニューアルオープンの時のお話をお書きだった。当時私も雑誌の取材でMOMAを訪れていた。 その際に港さんにロックフェラーセンターの下のスケートリンクが見えるオイスターバーにお連れ頂いたのが良い想い出として記憶に残っている。 都市の中心に作られた仮設のリンクでスケートを楽しむ人々を眺めながらの食事は、(良く言えば)成熟した社会の陽の面を幸福な形で見せてくれたものとして印象深かった。 今年の初めもその感覚を味わいたく再訪を機していたが、現地に駐在する親族の綿密な計画で別の楽しみを頂くことになり、次回への持ち越しとなった。 もっとも、宿泊したホテルのレストランに面した外側にもスケートリンクがあり、楽しむ人々が眺められた。 帰国後、横浜などに仮設のリンクがあるのを見た(そして私も滑った)ので、今後はそのような光景が日本でも一般化するのかもしれない。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.10「暗がりと白と」勝又公仁彦(邦彦)

初めて「美術」に触れのはいつのことだったか皆さんは覚えているだろうか? 美術の定義に依るが、ここは非常に広い枠で進める。現代はデザイン家具なども含めて生まれた時から同時代の美術に触れて育つというお子…

《shadowtimes》 Post.3 「船が行く」港千尋

あれは長野県新野の「雪まつり」を見に行った道すがらだった。険しい山道を抜け、川沿いの道に入ってしばらくすると、電信柱にある地名の表示に「海」なる字がある。それは長野と愛知の県境、太平洋から遠く離れて海…

《shadowtimes》Post.10「ミュージアム都市(1)」港千尋

前回勝又さんがニューヨーク近代美術館について、リニューアルオープン以来と書いていたのを読んで、すこし懐かしくなった。MoMAは新生するにあたって、建築家谷口吉生さんの展覧会を開催したが、わたしはそのた…

《shadowtimes》Post.18「空港の日々」港千尋

アメリカ政府が世界中で広範に個人情報を収集していたことを暴露したエドワード・スノーデン氏がモスクワ空港に到着して、ひと月が過ぎた。ロシアへの亡命を希望する彼に対して、オバマ大統領は米国への強制送還を求…

《Days and Lights》Post.12「みえないものをみる装置」勝又公仁彦(邦彦)

Post5で雷を取り上げた際に、雷と電気との関わりについてはほんの少ししか触れられなかった。雷は放電現象なのだから、それが話の中心になるのが本来の姿かもしれない。 逆に電気といえばPost8でニコラ…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER