BACKNUMBERS
バックナンバー:2012年10月25日 配信号 収録

《Days and Lights》 Post.1「沈黙のレッスン」 勝又邦彦

《Days and Lights》 Post.1「沈黙のレッスン」 勝又邦彦

前回の港さんの「ひと夏のレッスン」を承けて、少し思ったことを。 その前に、このメルマガは今回のように前回の記事に関連して連歌のように続くこともあれば、全く関係ない話題が出てくることもある、ということをご承知願います。 さて、動物に人間がものを教えられる、ということはままあることである。犬の飼い主への忠誠心は駅前で銅像になるほどだし、映画で採り上げられることもしばしばである。果てはハリウッドでリメイクされたりもする。 ある種の鳥や動物の中には生涯一夫一婦制を保ち、裏切りを知らない。最近では、犬が飼い主であるなしに関わらず泣いている人間を慰め、そのことによる何らの見返りも求めないというイギリスの研究が発表された。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.8「階層性(レイヤー)の発見」港千尋

ロシアの隕石落下のニュースには驚いた。まさに「青天の霹靂」を描いたかのような、あの動画を繰り返し見て、何事も起きそうにない晴れた日に、霹靂が落ちることに言葉を失った。 あのニュースが届く直前に、「こ…

《shadowtimes》Post.11「書庫のエコロジー」港千尋

先日書店で本を買ったついでにページを開き、そのまま閉じることのできなくなってしまった―立花隆さんの新刊である。 増え続ける本をどうするかは、多くの人にとって悩みの種だろうが、それに対するひとつの答え…

《Days and Lights》 Post.0「Hotel's Window」勝又邦彦

記念すべき初回ではあるが、たまたま9月1日より私が関わる二つの展覧会が開催されているのでご紹介したい。まずは作品を出品するグループ展『Over the reality』について。 会場は清澄白河…

《Days and Lights》Post.14「移動するカミたち」

うつそみの人はさびしも。すさのをぞ 怒りつつ 國は成しけるものを 諏訪びとは、建御名方の後といへど、心穏(おだ)ひの あしくもあらず(『海やまのあひだ』釋迢空)/霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍(すめ…

《shadowtimes》Post.14「雨の日の王」港千尋

初めての土地では、最低三日間あるといいという。身体が馴染むのに、それくらいかかるからだろう。先週モンゴルに着いて、あっという間にもう帰りとなってしまったが、初めての空気と水が浸み込むのには、ちょうどい…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER