BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年06月06日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.14「移動するカミたち」

《Days and Lights》Post.14「移動するカミたち」

うつそみの人はさびしも。すさのをぞ 怒りつつ 國は成しけるものを 諏訪びとは、建御名方の後といへど、心穏(おだ)ひの あしくもあらず(『海やまのあひだ』釋迢空)/霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍(すめらみいくさ)に我は来にしを(防人歌 常陸國 那賀郡の上丁、大舎人部千文『万葉集 巻二十』)/私の様に都市や住宅地など人の住む場所を主な被写体としていると、自然を嫌い人工的なものだけを追っている人の様に思われるきらいがある。現実には私は自然の豊かな地域に生まれ育ち、野山や川に遊んで育った。目の前には常に巨大な富士山が空の大部分を覆っていた。小学校のグランドの南の縁はそのまま長大な前方後円墳の段丘になっており、鬱蒼とした杉の巨木が生えていた。その中には富士山を祀る神社があり、それが私の産土社だった。大学でひょんなことから神道系の宗教哲学者を師とすることとなり、以来様々な形で神社や聖域を密かに廻って来た。それらは私にとっては、親しみ抜いたありふれたものであり、写真に撮りはしても、わざわざ発表するにはあまりに自分に強く結びついていて、批評の対象としにくいものだ。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.13「鎧戸から洩れ入る光」港千尋

うら寒い黄金週間をあけたと思ったら、いっきに陽射しが強くなり今日など真夏の気温である。窓を開けるとどこかで風にそよぐ木々の音が気持ちいい。ブラインドをすこし降ろして、読みかけた文庫本を開く。 上下に…

《shadowtimes》Post.9「バルの春」港千尋

国によって違いはあれど、春の訪れは誰にとっても待ち遠しいものだ。北の大地はまだまだ深い雪のなかにあるが、南では枝先に緑が芽をふきだした。路上に人の姿が戻ってくる。そんな季節にスペインを訪れている。 …

《shadowtimes》Post.7「モクテズマ・デー」港千尋

中国や台湾では春節の休みがつづく今日、世界中でさまざまなプレゼントが贈られる。花束、クッキーそしてなんといってもチョコレートだが、やはり日本における売り上げはダントツらしい。 中南米原産のカカオ豆を…

《Days and Lights》Post.12「みえないものをみる装置」勝又公仁彦(邦彦)

Post5で雷を取り上げた際に、雷と電気との関わりについてはほんの少ししか触れられなかった。雷は放電現象なのだから、それが話の中心になるのが本来の姿かもしれない。 逆に電気といえばPost8でニコラ…

《Days and Lights》Post.10「暗がりと白と」勝又公仁彦(邦彦)

初めて「美術」に触れのはいつのことだったか皆さんは覚えているだろうか? 美術の定義に依るが、ここは非常に広い枠で進める。現代はデザイン家具なども含めて生まれた時から同時代の美術に触れて育つというお子…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER