BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年06月06日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.14「移動するカミたち」

《Days and Lights》Post.14「移動するカミたち」

うつそみの人はさびしも。すさのをぞ 怒りつつ 國は成しけるものを 諏訪びとは、建御名方の後といへど、心穏(おだ)ひの あしくもあらず(『海やまのあひだ』釋迢空)/霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍(すめらみいくさ)に我は来にしを(防人歌 常陸國 那賀郡の上丁、大舎人部千文『万葉集 巻二十』)/私の様に都市や住宅地など人の住む場所を主な被写体としていると、自然を嫌い人工的なものだけを追っている人の様に思われるきらいがある。現実には私は自然の豊かな地域に生まれ育ち、野山や川に遊んで育った。目の前には常に巨大な富士山が空の大部分を覆っていた。小学校のグランドの南の縁はそのまま長大な前方後円墳の段丘になっており、鬱蒼とした杉の巨木が生えていた。その中には富士山を祀る神社があり、それが私の産土社だった。大学でひょんなことから神道系の宗教哲学者を師とすることとなり、以来様々な形で神社や聖域を密かに廻って来た。それらは私にとっては、親しみ抜いたありふれたものであり、写真に撮りはしても、わざわざ発表するにはあまりに自分に強く結びついていて、批評の対象としにくいものだ。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.5「Lightning」勝又公仁彦(邦彦)

私の興味の一端に、実力や才能がありながら同時代には理解されなかった人や後世での影響力に比べると生前低い評価しか与えられていなかった人たち、あるいは栄耀栄華を極めながら突如失意の晩年や非業の死に至った人…

《shadowtimes》Post.12「ゲームの王」港千尋

コンピュータと人間が勝負するのは、これが初めてではない。だがこの4月20日に行われた第2回電王戦は、いろいろな意味で記憶として残るゲームになった。 将棋ソフトとプロ棋士5人が対戦した団体戦の結果は、…

《Days and Lights》Post.7「落ちる水 昇る火」勝又公仁彦(邦彦)

年末年始に北米に行ってきた。最初の目的地は冬のナイアガラだ。 ナイアガラといえば、滝である。滝というと人里離れた深山幽谷を思い描くのが道理だろう。通う人もない山道を分け入って行くと、水音が遠く聞こえ…

《Days and Lights》Post.4「車とヤボ」勝又邦彦

本号は新年が明けて初回になります。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 今回は前回の「attraction」で取り上げた遊園地のような祝祭空間の乗り物ではなく、もう少し身近な乗り物の話を。 …

《shadowtimes》Post.13「鎧戸から洩れ入る光」港千尋

うら寒い黄金週間をあけたと思ったら、いっきに陽射しが強くなり今日など真夏の気温である。窓を開けるとどこかで風にそよぐ木々の音が気持ちいい。ブラインドをすこし降ろして、読みかけた文庫本を開く。 上下に…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER