BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年06月27日 配信号 収録

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

今日も雨。こうして毎日つづくのは憂鬱なものだが、しっとりした緑もそれはそれで悪くない。冬の雨に比べれば明るいし、これで水不足が解消されるならむしろ降ってくれたほうが安心だ。ウランバートルでも、草原を潤す雨はまさに天の恵みという印象だった。今日は水にちなんだ話題として、ベネチアを取りあげてみたい。 ちょうど5月末から始まった今年の美術ビエンナーレでは、田中功起さん参加の日本館が特別表彰を受けて話題になっている。昨年の建築ビエンナーレでは伊東豊雄さんらが金獅子賞を受賞しているから、2年連続の朗報だ。 いまや世界中にあるビエンナーレのなかでも老舗中の老舗である「ベネチア」は、やはり世界遺産としてあまりに有名な、歴史的建造物そのものが支えていると言えるだろう。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、…

《shadowtimes》Post.10「ミュージアム都市(1)」港千尋

前回勝又さんがニューヨーク近代美術館について、リニューアルオープン以来と書いていたのを読んで、すこし懐かしくなった。MoMAは新生するにあたって、建築家谷口吉生さんの展覧会を開催したが、わたしはそのた…

《Days and Lights》Post.15「陶酔を超えて歌え」勝又公仁彦(邦彦)

私は演劇や身体表現についてはズブの素人だ。今年に入って観た公演も、一月のニューヨーク・メトロポリタン・オペラ、彩の国さいたま芸術劇場でのアクラム・カーン、二月の神奈川芸術劇場でのナデガタ・インスタント…

《Days and Lights》Post.4「車とヤボ」勝又邦彦

本号は新年が明けて初回になります。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 今回は前回の「attraction」で取り上げた遊園地のような祝祭空間の乗り物ではなく、もう少し身近な乗り物の話を。 …

《shadowtimes》Post.8「階層性(レイヤー)の発見」港千尋

ロシアの隕石落下のニュースには驚いた。まさに「青天の霹靂」を描いたかのような、あの動画を繰り返し見て、何事も起きそうにない晴れた日に、霹靂が落ちることに言葉を失った。 あのニュースが届く直前に、「こ…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER