BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年06月27日 配信号 収録

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

今日も雨。こうして毎日つづくのは憂鬱なものだが、しっとりした緑もそれはそれで悪くない。冬の雨に比べれば明るいし、これで水不足が解消されるならむしろ降ってくれたほうが安心だ。ウランバートルでも、草原を潤す雨はまさに天の恵みという印象だった。今日は水にちなんだ話題として、ベネチアを取りあげてみたい。 ちょうど5月末から始まった今年の美術ビエンナーレでは、田中功起さん参加の日本館が特別表彰を受けて話題になっている。昨年の建築ビエンナーレでは伊東豊雄さんらが金獅子賞を受賞しているから、2年連続の朗報だ。 いまや世界中にあるビエンナーレのなかでも老舗中の老舗である「ベネチア」は、やはり世界遺産としてあまりに有名な、歴史的建造物そのものが支えていると言えるだろう。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《Days and Lights》Post.13「パランプセスト」勝又公仁彦(邦彦)

Vol.20「ミュージアム都市(1)」で港さんが2004年のニューヨーク近代美術館のリニューアルオープンの時のお話をお書きだった。当時私も雑誌の取材でMOMAを訪れていた。 その際に港さんにロックフ…

《shadowtimes》Post.9「バルの春」港千尋

国によって違いはあれど、春の訪れは誰にとっても待ち遠しいものだ。北の大地はまだまだ深い雪のなかにあるが、南では枝先に緑が芽をふきだした。路上に人の姿が戻ってくる。そんな季節にスペインを訪れている。 …

《Days and Lights》Post.2「sunshine」勝又邦彦

サンプル号でスザンヌ・ムーニー氏の池袋のサンシャイン60ビルから撮影された作品「Tokyo Summit A」をご紹介した。 そのときのテキストにもあるように「サンシャイン」というほとんど固有名詞化…

《shadowtimes》Post.11「書庫のエコロジー」港千尋

先日書店で本を買ったついでにページを開き、そのまま閉じることのできなくなってしまった―立花隆さんの新刊である。 増え続ける本をどうするかは、多くの人にとって悩みの種だろうが、それに対するひとつの答え…

《shadowtimes》Post.15「タクシム広場にて」港千尋

すでに報じられているように、トルコでは現政権にたいする抗議運動が全国に広がっている。特に発端となった首都イスタンブールではすでに2週間以上、デモや集会が続いていて、そこに偶然居合わせることになったわた…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER