BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年06月27日 配信号 収録

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

《shadowtimes》Post.16「ベネチアの井戸」港千尋

今日も雨。こうして毎日つづくのは憂鬱なものだが、しっとりした緑もそれはそれで悪くない。冬の雨に比べれば明るいし、これで水不足が解消されるならむしろ降ってくれたほうが安心だ。ウランバートルでも、草原を潤す雨はまさに天の恵みという印象だった。今日は水にちなんだ話題として、ベネチアを取りあげてみたい。 ちょうど5月末から始まった今年の美術ビエンナーレでは、田中功起さん参加の日本館が特別表彰を受けて話題になっている。昨年の建築ビエンナーレでは伊東豊雄さんらが金獅子賞を受賞しているから、2年連続の朗報だ。 いまや世界中にあるビエンナーレのなかでも老舗中の老舗である「ベネチア」は、やはり世界遺産としてあまりに有名な、歴史的建造物そのものが支えていると言えるだろう。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.9「バルの春」港千尋

国によって違いはあれど、春の訪れは誰にとっても待ち遠しいものだ。北の大地はまだまだ深い雪のなかにあるが、南では枝先に緑が芽をふきだした。路上に人の姿が戻ってくる。そんな季節にスペインを訪れている。 …

《Days and Lights》Post.7「落ちる水 昇る火」勝又公仁彦(邦彦)

年末年始に北米に行ってきた。最初の目的地は冬のナイアガラだ。 ナイアガラといえば、滝である。滝というと人里離れた深山幽谷を思い描くのが道理だろう。通う人もない山道を分け入って行くと、水音が遠く聞こえ…

《shadowtimes》Post.15「タクシム広場にて」港千尋

すでに報じられているように、トルコでは現政権にたいする抗議運動が全国に広がっている。特に発端となった首都イスタンブールではすでに2週間以上、デモや集会が続いていて、そこに偶然居合わせることになったわた…

《Days and Lights》Post.6「二つの白い嶺」勝又公仁彦(邦彦)

前回、雷(Lightning)に打たれるような経験を、悟り(エンライトメント)を多少関連づけて書いた。悟りと言えばインド起源の宗教を中心に使われる言葉だが、本誌1号で禅堂の写真を少しご紹介した。また、…

《Days and Lights》 Post.1「沈黙のレッスン」 勝又邦彦

前回の港さんの「ひと夏のレッスン」を承けて、少し思ったことを。 その前に、このメルマガは今回のように前回の記事に関連して連歌のように続くこともあれば、全く関係ない話題が出てくることもある、ということ…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER