BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年07月11日 配信号 収録

《shadowtimes》Post.17「文庫から森へ」港千尋

《shadowtimes》Post.17「文庫から森へ」港千尋

若狭湾に面して走る国道からの眺めは素晴らしい。海側も山側も起伏に富んでいて、文字通りの風光明媚である。内陸には美しい里山の風景が広がり、谷を渡る風が稲の緑へ吹いてくる。若州一滴文庫は、そんな里山のなかにある。 小説家水上勉が生まれた村に建てたもので、文庫とはいえ広い敷地のなかには立派な庭園や劇場があり、木造のギャラリーが併設されている。 貧しくて本を読めなかった少年時代を思い出し、自分の蔵書を開放して広く活用してもらいたいという願いが実現したのは、いまから30年ほど前のこと。 今では水上文学ファンだけでなく、観光客にとっても訪れてみたい場所のひとつになっているようだ。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER