BACKNUMBERS
バックナンバー:2012年11月01日 配信号 収録

《shadowtimes》 Post.2「台北好日」 港千尋

《shadowtimes》 Post.2「台北好日」 港千尋

この秋は台北を頻繁に訪れている。松山空港を利用できるようになったおかげで、本当に近くなった。早朝便のときなど、着陸時から市内の目的地まで小一時間ほどで着いたこともあって、大都市の空港としては、世界でも指折りの便利さだと思う。天が高くなりさわやかな風がわたる台北は、いまがいちばんいい季節だろう。 リピーターになった第一の理由は、『台北ビエンナーレ』だ。台北市立美術館が主催する二年に一度の国際展はすでに12回目だが、今年はディレクターにベルリンを中心に活躍している人類学系のインデペンデント・キュレーター、アンセルム・フランク氏を迎えて、例年にない大きな規模でオープンしている。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》 Post.1「ひと夏のレッスン」 港千尋

気温はまだまだ高いけれど、朝晩は過ごしやすくなってきた。これからは、日毎に柔らかくなる光のなかで、夏の思い出を整理したり、秋に入る準備をしたりする時間。もちろん秋の味覚も待ち遠しい。 夏の思い出…

《shadowtimes》Post.5「オート三輪に乗って」港千尋

前回、勝又さんが書いていた谷保天神はすこし懐かしい。高校の頃、国立に近かったので谷保の駅を利用するときなど、立ち寄ることもあった。その谷保天神をとおして、甲州街道の歴史が意外にも自家用車の歴史と結びつ…

《shadowtimes》Post.4「暦のなかで」港千尋

2012の数字が入った手帳も、いよいよ最後の1ページになろうとしている。すでに来年のものに切り替えた人も多いだろう。なんだかはやかったなあ。ほんとうにいろいろなことがあった…ページを逆にめくりながら振…

《shadowtimes》Post.6「ドン・マヌエルとわたし」港千尋

東松照明さんの死を知って、もうしばらくたつのに、まだ言葉にすることができない。次から次へといろいろなことが思い出されてしまい、整理がつくにはまだ時間がかかるだろう。 その写真について書いたことは一度…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER