BACKNUMBERS
バックナンバー:2012年12月05日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.2「sunshine」勝又邦彦

《Days and Lights》Post.2「sunshine」勝又邦彦

サンプル号でスザンヌ・ムーニー氏の池袋のサンシャイン60ビルから撮影された作品「Tokyo Summit A」をご紹介した。 そのときのテキストにもあるように「サンシャイン」というほとんど固有名詞化し、日頃気に留めずにいた名称について改めて考えてみると、自明ながら「太陽の光」を意味する英語であることがわかる。即ち最も明るいイメージを感じるべき単語である。 ところがサンシャイン60の建設場所が巣鴨プリズンの跡ということで、日本人にとっては複雑な感情を抱かざるを得ない場所となっている。そのことにより「サンシャイン」という言葉自体が言いようもない陰影を帯びているように感じられてしまう。 実際そのビルと周辺に行ってみると、歴史を知らない子供の頃でさえ、言い知れぬ冥さを感じ、なるべく早くここから立ち去りたい、という気持ちになったものである。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》Post.7「モクテズマ・デー」港千尋

中国や台湾では春節の休みがつづく今日、世界中でさまざまなプレゼントが贈られる。花束、クッキーそしてなんといってもチョコレートだが、やはり日本における売り上げはダントツらしい。 中南米原産のカカオ豆を…

《shadowtimes》Post.18「空港の日々」港千尋

アメリカ政府が世界中で広範に個人情報を収集していたことを暴露したエドワード・スノーデン氏がモスクワ空港に到着して、ひと月が過ぎた。ロシアへの亡命を希望する彼に対して、オバマ大統領は米国への強制送還を求…

《shadowtimes》 Post.3 「船が行く」港千尋

あれは長野県新野の「雪まつり」を見に行った道すがらだった。険しい山道を抜け、川沿いの道に入ってしばらくすると、電信柱にある地名の表示に「海」なる字がある。それは長野と愛知の県境、太平洋から遠く離れて海…

《Days and Lights》Post.9「MORITAを巡る旅」勝又公仁彦(邦彦)

卒業の季節である。今年は桜の開花が早いようで、地域によっては花咲く中の卒業となる方もいるだろう。 このメールマガジンの読者に学生の方はほとんどいないかもしれない。まだ卒業から日の浅い方は近い思い出と…

《Days and Lights》Post.12「みえないものをみる装置」勝又公仁彦(邦彦)

Post5で雷を取り上げた際に、雷と電気との関わりについてはほんの少ししか触れられなかった。雷は放電現象なのだから、それが話の中心になるのが本来の姿かもしれない。 逆に電気といえばPost8でニコラ…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER