BACKNUMBERS
バックナンバー:2013年11月07日 配信号 収録

《Days and Lights》Post.24「スタンフォードの馬」勝又公仁彦(邦彦)

《Days and Lights》Post.24「スタンフォードの馬」勝又公仁彦(邦彦)

モンゴルから日本に帰り、その余韻も覚めぬ内に、私はサンフランシスコへと飛んだ。空港には昼過ぎに着いた。光の強さはモンゴルによく似ている。空気が乾燥しているのだ。お世話になるシリコンバレーのNさんのお宅への途中、スタンフォード大学を見学した。 サンフランシスコは元々移民の街だ。東洋系の顔立ちをした人も多い。新学期が始まったばかりのスタンフォード大学の中もアジア系らしき人が目立つ。全てが学生や職員というわけではなく、屋外にいる人の多くは観光客だ。 サンフランシスコから1時間ほど離れた大学にわざわざ観光に来るのだから大したものである。やはり世界的な名門校だな、と感心していた。後日知り合ったシリコンバレーの人たちからは、ヒューレットさんとパッカードさんが成功するまでは誰も行きたがらない田舎の学校だったと聞かされて、意外な思いがした。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER