BACKNUMBERS
バックナンバー:2012年12月27日 配信号 収録

《shadowtimes》Post.4「暦のなかで」港千尋

《shadowtimes》Post.4「暦のなかで」港千尋

2012の数字が入った手帳も、いよいよ最後の1ページになろうとしている。すでに来年のものに切り替えた人も多いだろう。なんだかはやかったなあ。ほんとうにいろいろなことがあった…ページを逆にめくりながら振り返りたい誘惑もあるが、そのための時間はあとにとっておこう。時間をとっておくことが、できればの話だけれど。 今年のカレンダーの最後の月は世界的に特別な月になった。周知のとおり、マヤ暦を解釈して12月の冬至のあたりを最後に新年は来ないとする、一種の終末論が流行したためである。 それが間違いでなければ、いまこうして原稿を書いていることもなかったわけだが、終末論というのは終わってから後に考えるためにあるようなものかもしれない。テレビを見ていたら、メキシコ政府にとっては大幅な観光収入につながったというから、むしろマヤ暦とその間違った解釈に感謝しなければならないところだろう。

この記事は、ログインすることでご覧いただけます。

RELATIONAL ARTICLES
関連記事

《shadowtimes》 Post.2「台北好日」 港千尋

この秋は台北を頻繁に訪れている。松山空港を利用できるようになったおかげで、本当に近くなった。早朝便のときなど、着陸時から市内の目的地まで小一時間ほどで着いたこともあって、大都市の空港としては、世界でも…

《shadowtimes》Post.5「オート三輪に乗って」港千尋

前回、勝又さんが書いていた谷保天神はすこし懐かしい。高校の頃、国立に近かったので谷保の駅を利用するときなど、立ち寄ることもあった。その谷保天神をとおして、甲州街道の歴史が意外にも自家用車の歴史と結びつ…

《shadowtimes》Post.6「ドン・マヌエルとわたし」港千尋

東松照明さんの死を知って、もうしばらくたつのに、まだ言葉にすることができない。次から次へといろいろなことが思い出されてしまい、整理がつくにはまだ時間がかかるだろう。 その写真について書いたことは一度…

《shadowtimes》 Post.1「ひと夏のレッスン」 港千尋

気温はまだまだ高いけれど、朝晩は過ごしやすくなってきた。これからは、日毎に柔らかくなる光のなかで、夏の思い出を整理したり、秋に入る準備をしたりする時間。もちろん秋の味覚も待ち遠しい。 夏の思い出…

カテゴリ別バックナンバー

FACEBOOK

TWITTER